見逃さないで!割増料金と基本料金の設定値

見逃さないで!割増料金と基本料金の設定値

基本料金にプラスしてかかってくるのが、特別な条件下で引越しを行う場合の割増料金です。たとえば、休日割増料金は、日曜・祝日に引越しを行うと、平日の2割増しの料金となります。また、深夜早朝割増料金というものもあり、P.M10:00〜A.M5:00の間に作業が発生すると、全体料金の2割増しとなります。他に、雪の多い地方や引越しのハイシーズンなどには季節割増料金が発生し、引越しをする時期や地域によって異なりますが2割程度の割増し料金になることがあります。
基本的には、これら二つの「基礎運賃」と「割増運賃」の合計が「引越しの運賃」になります。
この、運賃表に掲載されている基準料金は、国が認可している料金ですが、この上下10%の間で引越し業者は自由に運賃を設定することができるとされています。つまり、10%高く設定してある引越し業者と10%低く設定してある業者では20%の料金の差ができます。
これが日曜・祝日の割増料金が加算されたり、基本運賃が高い8時間越えや100q越えの大がかりな引越しをする場合には、大きな差になるので、見積もりを取ったときに、基準料金とよく照らしあわせ、各業者の設定値を確認しておくことが大切です。